帝王切開の3つの不安を解消しよう

赤ちゃん 寝る

帝王切開を予定している妊婦さんへ。

帝王切開の不安いろいろありますよね。

未知の世界だし、お腹を切るなんて・・

命がけだし、母子ともに元気でいられるだろうか。

痛がりこわがりの私が経験した不安を3つにまとめて書いてみます。

良かったら前回の記事も併せて見てください。

       ↓

帝王切開に最も大事な2つのポイント

麻酔

麻酔って、痛くないの?

ちゃんと効くの?

効きすぎて体調おかしくならないの?

腰に麻酔なんて、なかなか経験したことないですよね。

歯の麻酔でもドキドキなのに、腰って・・。

麻酔の前に剃毛、点滴とあれよあれよと進みます。

そして、結論から言うと・・

私の病院は、腰椎麻酔でしたが全く痛くなかったです!

熱くて押されている感じはありましたが、麻酔を打つ痛みはありませんでした。

個人差や医師の腕もあるのでしょうが・・

心配していた麻酔の効きは、ばっちりでお腹を切るときも痛くなかったし、術後麻酔により気分が悪くなることもありませんでした。

手術が始まる前に麻酔が効いているか、麻酔科の先生がアイスノンを使って丁寧に時間をかけて確認をしていただきました。

手術中

手術って、意識あるからこわくないの?

痛くないの?時間どれぐらいかかる?

赤ちゃんは、ちゃんと生まれてくるの?

いよいよ、帝王切開開始です。

赤ちゃんとのご対面とっても楽しみですね。

お気に入りの「いきものがかり」の曲をかけていただきました。

だんだん音楽が騒がしく感じ始め・・

オルゴールにすればよかった・・

(二度目の帝王切開はオルゴールにしましたよー)

私は意識がはっきりとあり、ドキドキで泣きそうでしたが、助産師さんや麻酔科の先生が手を握ってくださり、だいぶ心強かったです。

心に余裕がなくていっぱいいっぱいだったので

子供のように、ため語で助産師さんの質問に応えてました。

(偉そうでごめんなさい)

手術室のデジタル時計で、時間をじーっと見ていました。

少し気がまぎれたり、あと少しだーと気持ちをもっていくことができたので良かったです。

触られている感覚はありますが、痛みはないです。

お腹を切った瞬間もわからないぐらいです。

20分ほどで、赤ちゃんとご対面。

お腹の中が開いたままなのが気になりますが・・

赤ちゃんを始めて見た時はなんとも言えない感動がありますよ。

体重などを計ってから横に連れてきてもらい写真撮影ができました。

縫合が、ひっぱられるような間隔で長く感じたけど、なんとか頑張りました。

ラストスパートです。頑張りましょう^^

病院によっては寝かせてくれるところもあるそうです。

(これも個人差あるし、そんなに痛くない人もいます。)

手術の合計時間は麻酔から計って1時間ちょっとでした。

baby_hand

術後

術後は激痛って聞くけど耐えられるのかな?

歩けるようになるかな?

赤ちゃんのお世話はできる?

帝王切開は後が痛い!と聞きますよね。

私はそれを聞いていたので手術が終わってからも気は抜けず

いつ麻酔がきれるのかドキドキしていました。

数時間後には麻酔がきれ、痛みが出てきますが、

まずその前に痛み止め注射を打ってもらいました。

早めから痛み止めを打ってもらうことをおすすめします。

そのあとも、痛みが来るころ座薬や注射を打ってもらい乗り切りました。

ちなみに、水分はとれませんでしたが、クーラーが効いていたし、あまりのどが渇きませんでした。

2日目昼から看護師さんと歩行の練習・・

まず立ち上がるところから苦戦しました。

リクライニングベッドがこんなに有効活用されるなんて・・

リクライニング様様でした。

腰を曲げながらゆっくりとすすみ、なんとかトイレまで到着。

看護師さんが介助してくれるので助かりました。

看護師さんには本当に感謝です。

そのあとは点滴の棒が杖がわりになって自力で歩いていました。

3日目になると、だいぶ歩けるし痛みが治まってきました。

本当に日にち薬で、人間の回復力ってすごいです!!

一日経つごとに、だんだんと回復します。

歩けるようになってすぐ、赤ちゃんの授乳やお世話も始まります。

お腹のことより、赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいになります。

私は帝王切開の痛みより授乳マッサージの痛みに驚きでした・・。

6日目に退院でしたが、そのころには本当に普通になりスタスタ歩いていました。

退院時に傷のケアーの方法などを教えてもらいました。

そして、次の妊娠までは二年開けるようにとも言われました。

抜糸は、溶ける糸を使ってたようで、なかったです。

(普通分娩だったママは、抜糸が痛かったようです)

まとめ

  • 個人差はあるが、麻酔も帝王切開手術中は痛みはほとんどない。
  • その後は麻酔がきれてくるが、なんとか耐えられる。
  • 痛み止めは早めにつかったほうが良い。
  • 日にち薬で、一日一日回復していく。

どうでしたか?

少しは参考になれれば幸いです。

このブログを読んでくれた皆様が、母子ともに元気に

出産を迎えられますように。

応援しています。

産後は宅配弁当にお世話になりました。

今回は、おすすめのリンクを貼っておきますね♪

妊婦さんも、おしゃれをすると、気分が上がります♪

        ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA