帝王切開に最も大事な2つのポイント

赤ちゃん ベッドで寝る

これから帝王切開の予定がある人、帝王切開になるかもしれない人・・不安な気持ちをお持ちのことと思います。

私も帝王切開(長女が逆子だったため)が決まった時は、お腹を切ることがこわくてドキドキでした。

自分の帝王切開の経験から、これから帝王切開をする予定の人に(そうじゃない人も)参考になればいいなあと、大事なポイント2つを書いてみます。

病院選び

私がお世話になった病院は地元の市立病院でした。

母が難産で個人病院から市立病院に運ばれた経緯も聞いていたのと、私も昔大病を患ったことがある(今は元気ですが)ので、何かあったときのためにと市立病院を選びました。

市立病院を選んだ時は、帝王切開になるとは思っていなかったので、結果的に良かったなとは思います。

(もちろん二人目も市立病院を選びました)

市立病院には、麻酔科があり、帝王切開の手術も麻酔科の先生2人と産婦人科の先生2人に担当していただきました。

前日に麻酔科の先生と私で打ち合わせがあり、それ以前に産婦人科担当医から麻酔科の先生に引き継ぎがされていました。

麻酔専門の先生のため何かあったときに対処してもらえるので安心感がありました。

手術の時も二人体制で、ベテランさんが指示を出し若い先生が麻酔をしてくれました。二人いるので余裕があるのか、ベテランさんが励ましの言葉や手を握ってくれました。

この麻酔科の先生がいるといないでは、えらい違いです!!

個人の病院だと、麻酔科専属の先生はいなくて、産婦人科の先生が麻酔をするところが多いです。

  • 個人病院で帝王切開の人へ

ただ、帝王切開を最初から決まっている人は大きい病院を選べるけど、妊娠経過により帝王切開になる人も多く、いまごろ言われても・・と思う妊婦さんもみえますよね。

特に母子ともに問題もなく、担当医から大丈夫でしょうと言われているなら個人病院でも問題ありません。

何かトラブルがあれば大きい病院に運ばれるので、そこも確認しておいたほうが良いでしょう。

個人病院の豪華さや食事のおいしさのメリットもありますよね。

よっぽど心配な人は転院を担当医に相談してみても良いと思います。

baby_hand

メンタル

帝王切開になって、「普通分娩で産むものだと思っていたのに・・産後もひきずる」と後ろ向きな人も少なくありません。

私は、逆に陣痛に恐怖心があったので、あの陣痛を経験しなくていいのでちょっとラッキー!と思っていました。予定日より早く赤ちゃんに会えるし、手術の日も決めれるのでパパの予定がたてやすいのもメリットです。

術後は確かに痛みもあり、歩行も大変でしたが、赤ちゃんが無事に生まれてからのことなのでその点は安心できるし、痛がりの私でも耐えられる痛みでした。

帝王切開は赤ちゃんにとって安全な出産。

そして、立派なお産です。

お腹の傷は、勲章だと思って、子供たちに「ここから生まれてきたんだよ~」と話しています。

先生を信じてど~んと構えて出産にのぞみましょう。

手術の時は、癒し系音楽(病院の許可があれば)を用意するといいですよ。

案ずるより産むがやすし☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA