保育園激戦区・・保活の勝ち組のコツ!元保育士が我が子の保活をしてみて学んだこと。

親子の手

こんにちは!もみの木です^^

年々、保育所が増えてきて待機児童ゼロだとか政府や市が力を入れていますね。

でも、現実は・・

  • 「希望の保育園にどこも入れない」
  • 「保育園全滅」
  • 「小規模保育園なら入園できると言われた・・」
  • 「こんな地方で保活に苦戦するとは思わなかった!」

という話をよく聞きます。

私は、子育て支援センターと保育園で働いていたので、保活がうまくいかなくて困惑しているお母さんを何人もみてきました。

働く気があるお母さんたちが保育園に入れないなんて・・

育児休暇中で戻れる場所があるのに、子どもを預ける場所がないなんて・・

とモヤモヤしていましたが、知識をつけることで入れる可能性が高くなることもわかりました。

私自身も保活をする身だったので、なんやかんやで保活事情にも詳しくなりました。

自分が保活するまで知らなかったこともたくさん・・

これから求職するお母さんも諦めないで!

どんな保育園なら入りやすいかもご紹介します。

保活をやってみても損はないと思います。

皆さんの保活に少しでもお役にたてたらうれしいです★

赤ちゃん 手

早めから待機しよう

保育園入所の基準は、その児童の家庭環境や保護者の仕事や病気の都合などから計算されるポイント制で入所決定されます。

そのポイントの付き方は地域によっても違いは出ます。

私の住む地域は、数年前からポイント開示制になりました。

申請して面接をした保護者に自分が何点なのか、役所の人が計算してポイントを教えてくれることになりました。

これなら保護者も入れなかった理由がわかりますので、まだ納得しやすいです。

「あと何点足りなかった・・」とかわかりやすいです。

そして、保育園を考えているお母さんは、早めに地域の役所に行き、保育園入所申請をして待機児童状態にしておきましょう。

なぜなら、この待機児童ポイントがあるかないかで入所できるかできないかの道に別れることが多いです。

いくらフルタイムで、パートより高得点だとしても、それにプラスの点数がないと激戦区ではまず入れません。

待機していたフルタイムのお母さんが入れなくて、待機していたフルタイムのお母さんは入所できたという例は普通にあります。

入れなかった保護者が、「待機したもの勝ちじゃん・・そんなの知らなかった!」と悔しそうに話していました。

ただし、待機するつもりが、思いがけず空きが出て「来月から入れますよー」と言われることもあります。

これを断ると待機状態にはならないので、決まったらすぐ入所するかもしれないということは頭においておきましょう。

人気園や点数基準を聞こう

役所に行って、自分の地域の保育園の人気度を聞きましょう。

今年は何人が申し込んで何人入れたのかというのを学年別に聞いてみると参考になります。

土地感がない保護者は、どこなら通える範囲なのかを役所の人に相談すると地図を広げて教えてくれますよ。

役所によっては、今年入所の最低点(保育園によって全然違う)を教えてくれるところもあるので聞いてみましょう。

そして、自分の今の状態だと何点とれるのかも確認しましょう。

もし、入所が無理そうな点数なら今の自分の家庭環境で何か加点できないか聞いてみましょう。

働く時間は重要視される

フルタイムの人は、当然ですが点数が高くなります。

私の地域は、一番最低基準の労働時間(月64時間)とフルタイムの人だと40点もの差がありました。

この40点は大きいですね。

ちなみに、時短にして働く人もいますが、申請時にはフルタイムの時間で申し込んでいる人が多かったですね。時短の勤務時間だと不利になることは、みなさんよくわかっているのですね・・。

かなり入りやすくなる保護者の条件

  • 出産前後で休養を要する(8週間)
  • 入院など病気の看護や介護を要する
  • 災害で復旧に当たっている
  • 就学中(就学時間が長いほど入りやすい)
  • 虐待やDVで児童の保護が必要

他の加点

私の地域ですが、他にどんな加点(調整点)があるかいくつか挙げていきます。

  • 兄弟一緒に入る場合
  • 1人親
  • 児童発達センターにきょうだいが通所している
  • 単身赴任
  • 保育士
  • 今通っている保育所が廃園や年齢により退園しないといけない
  • 下の子の育休により上の子が退園せざるを得なかった

特に下の3つは加点の点数が高かったです。

つまり・・

申請してからの面接の時点で・・

待機をしていなくて1人っこ(もしくは、きょうだいがいても入園対象の年齢ではない)だとかなり不利になってしまいます。

保育士加点がある地域も多いので潜在保育士さんも、これを機に保育士復帰してみませんか?

クレヨン

求職中でもねらいめの保育園

仕事してないから無理だわ・・

いやいや、求職中のお母さんも諦めないでください!

新設の小規模保育所(2歳児までの認可園)は、点数が低くても入りやすく求職中のお母さんの子も入ることができていました。

(新設じゃなくても小規模はねらいめです)

役所からもすすめられていました。

また、同じ市内でも少し離れたところでも良いなら点数が低くても入れるところもある場合があるので、役所に人に聞いて希望園を書きましょう。

また、希望園全滅しても、他にどこか入れるところがないか役所の人に聞いてみましょう。

でも、小規模は2歳児までしか入れないんでしょ!?

その先どうなるの!?と心配されるかもしれませんね。

そこも、役所の確認が必要ですが、2歳児までの園は次の園の三歳児入園申請の時に高得点の加点があります。

なので他の人より入りやすくなりますよ。

逆に、これにより3歳児がけっこうな激戦になっていました。

3歳児申請される方はご注意を!

保育園のコネ

「入りたい園長先生と顔見知りになっておけば、入りやすくなるかな~」と言われる方がいます。

全く関係ありません。

認可保育所は、市役所の基準で決めますので、園長先生が決めることではないのです。

でも、入りたい保育園に見学や遊びにいって、園の雰囲気を知っておくことは必要ですね。

どんどん、いろんな園に出向きましょう。

子育て支援センターが併設していることろもあるので、そこでママ同士の情報交換や保育士さんに保活情報を聞いてみるのも役立ちますよ。

こちらも合わせてどうぞ↓

幼稚園保育園見学の5つのポイントとコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA