私が小学3年生の時に転校して感じたこと。一気に環境が変わりました。

学校

こんにちは!もみの木です☆

娘が小学3年生になってみて、自分が3年生だった頃を思い出します。

私は、小学3年生の新学期から、父の転勤で東海地方の田舎から関西の都会へ転校しました。

なので、私にとって小学3年生は

人生の第2ステージの始まりです。

(今は第8ステージぐらい)

特別な学年となりました。

生まれたころから住んでいた家は賃貸に出し

近所の仲良しだったお友達と離れて寂しかったのですが母親が「夢があるわー」と前向きにとらえていたので、私もわくわくした気持ちを持ちながら転校しました。

いやーでもやっぱり転校って、内気だったあの頃の自分にはけっこうな負担になりました。

友達、遊びの内容、言葉(方言)、住む家も・・ガラッと変わりました。

変わらなかったのは、家族だけです。

  • 転校生の気持ちが知りたい人
  • これからお子さんが転校するかもしれない人
  • 新しい環境に戸惑っている人
  • かつて転校生だった人

よかったら読みにきてください。

引っ越し前のお別れ会

引っ越し前に近所のお友達を招いて、お別れ会のようなものを母が開いてくれました。

みんなで、庭でだるまさんころんだなどで遊んで、楽しかった☆

最後の記念に家の前でみんなと写真を撮りました。

忙しいなか、こんな機会をつくってくれた母には感謝ですね。

引っ越し当日は、車で出ていくときに近所の皆さんがお見送りをしてくれました。

引っ越し先で感じたギャップ

引っ越してみると、いろいろなギャップに戸惑いました。

子どもは柔軟性があるというけど、私は柔軟性があったのかなあ・・

けっこう必死だったかもしれません。

困った顔のネコ

家のギャップ

今まで普通の一戸建てに住んでいたのですが、引っ越し先はとっても古い社宅でした。

見た目がすごくぼろくて、お化け屋敷のよう・・😥

まあ、慣れたら普通に住める感じでしたが、なんせ外見がひどい社宅。

そこに入るのが誰かに見られたら恥ずかしいな・・と思うぐらいでした。

でも、駅まで歩いていけるし、駅にはいろんなお店がそろっている!

電車もたくさん来る!学校も近いし、わりと便利ではありました。

友達、遊び、言葉のギャップ

引っ越してきてすぐ社宅のお友達(年下ばかり)と遊ぶことになりました。

今まで付き合ってきた友達はほんわか系?というか大人しい系だったのですが、社宅のお友達は活発で元気な子が多い印象。

そこで文化の違いを感じました。

まず、じゃんけん!

以前住んでいたところは、「じゃんけんほい!」だったのですが・・

い~んじゃ~んで~!

と、軽快なリズムで始まりました。

へ?何?いんじゃん?

鬼ごっこしてもタッチは「ドン!」だったのですが、引っ越し先は「でん!」

2チームの別れ方は「チッパでわかれんねーん!」

何もかも違いすぎてわからない・・

けど、それでついていくしかない😅😅

言葉も違うし関西弁もしっくりこない・・🤣

結局、7年間関西にいたので、すっかり関西弁になりました。

今は関西弁ではないですが、「しんどい」という言葉だけは今だによく使うかも・・

転校はドキドキ

ランドセルの女の子

転校生は、私の他に同じ社宅の男子がいました。

教室に入ってももちろん知らないこばかりで異世界・・。

小さな学校だったのもあってか、もうすでに仲良しグループができている感じ。

休み時間、みんなが楽しそうに遊ぶなか、私は1人席に座りじっとクラスの子の様子を眺めていました。

そこで、背の高いショートカットの女の子と目が合いました。

「〇〇さんも一緒にしよ~!」

じゃんけんをして、負けた子が足を少しずつ開いていき、立てなくなったら負けというルールの遊びでした。

勝敗はどうでもよくて、そこに入れてもらったことが涙がでるほどありがたかったです。

それをきっかけに、その子とは、とっても仲良しのお友達になり、交換日記やら放課後家に遊びにいったり・・

その子といると、気持ちが落ち着いて・・気が合うし楽しくて仕方なかったです。

そして、グループはあったものの、その子以外にもお友達がそれなりにできてきて、まあなんとか学校生活を送ることができました。

習い事も変わった

プール

転校前(小2)の習い事は、習字、ヤマハのグループレッスン(ジュニア科)、スイミングを習っていました。

転校したことにより、習い事も変わりました。

辞めた習い事

  • 習字
  • スイミング

習字とスイミングは近くになくてやめました。

スイミングは、いやだったのでラッキー😁😁

でも、クロールや背泳ぎは泳げるようになっていたので、その後の水泳の授業では助かりました。

習字は続けていたら、もっとまともな字が書けていたのかな・・

継続した習い事

  • ヤマハ

ヤマハは歩いていける距離にあったので継続しましたが、グループレッスンから個人のピアノレッスンへ。

厳しい先生で、ここからがちゃんとピアノ習った感ありましたね。

けっこうレベルの高い教室でした。(私はレベル高くなかったけど)

イライラされると、先生にバシッと手をたたかれました。

こわー!!

新たな習い事

  • 学研教室

歩いていける距離の学研教室に週2回通うことになりました。

学研教室は、面倒だったけど、嫌いじゃありませんでした。

役にたったのかは謎のままです😅

最後に

転校生って、やっぱり大変でした。

特に私は内気だったので、余計にそう感じたのかもしれません。

でも、特に県外への転校の場合視野が広がるような気はしますね。

長い人生、違う土地で住むのも良い経験になるでしょう。

転校することになったら、親が前向きに転校をとらえていたら、子どもも前向きになれるかも?

転校先でも親子で良い出会いがありますように。

      ↑

慣れない土地でもGPSがあれば安心。

習い事先にも持っていけますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA