【スイミング体験】スイミングを習うなら幼児からがおススメの4つの理由。

プール

こんにちは!もみの木です。

やんちゃだけどこわがりの4歳息子・・

ヤマハ幼児科の体験は散々な結果で終わり、ボルダリングも連れていきましたが、まだ息子には難しかったようです。

今回はスイミングに挑戦してきましたが、コロナ禍でも大人気の習い事なんですね。

体験の予約をするのにもスムーズにはいかず一苦労しました。

夏休みの短期教室も大人気で、すぐいっぱいになっていました。

娘には小1の夏からスイミングを習わせたのですが、もっと早めから習わせておけばよかったな・・とプチ後悔しました。

なので、息子にはスイミングを習うなら幼児期から習わせたかったのです。

その理由もお話していきます。

  • スイミングに興味がある人
  • コロナ禍で、スイミングを習うか迷っている人
  • 習い事体験をいろいろ挑戦したい人

ぜひどうぞ


スイミング体験までにしたこと

予約を甘くみていた

まず、体験するには予約がいります。

コロナの影響もあって、スイミング習う人もあまりいないのかなあ・・

辞める人も多いだろうな・・と油断していました。

娘が土曜日の朝にスイミングレッスンがあるので、同じ日に入れたい!

受付で聞いてみたらもうしばらくいっぱいなんだとか・・。

土曜日の朝は働いているママさんにも大人気枠なんですね。

諦めて帰りました。

https://mominokiblog.com/wp-content/uploads/2021/07/2A250313-BBA4-4E79-8EBE-AEF2A3B74AF5.jpegもみの木

でも、やっぱり諦められない!

貧弱な息子を鍛えたい!


キャンセル待ちでもしておこうと思って、また別の日に受付に聞きに行きました。

融通のきく男の受付の人で、「土曜日はいっぱいだけど、コーチに聞いてきます!」と。

この前の愛想の悪い受付のお姉さんとは違った・・

結果、なんとか一人分入れてもらうことになりました☆

聞いてみるものですね。

平日でも大丈夫の人は、入りやすいですよ。

息子の気持ちを上げる

息子は前からスイミングは「目に入るからこわい」とやる気なしでした。

「予約したよー」と言うと、首を横に振り「行かない」とやる気なしモード。

おーい!大丈夫か!?

お姉ちゃんのおさがりの水泳用帽子とゴーグルを試着してみますが、ふざけて踊っていました。

まだ幼い4歳なので、親の私が予約を入れたとなると、しぶしぶでも参加してくれました。

結果、なんとか泣かずにレッスンについていき、飛び込みにもチャレンジ!

翌月から習うことになりました。

スイミングを習うなら幼児期からがおススメの4つの理由

公園

①水慣れコースは幼児が多い

小学生でも最初は顔付けやふし浮きなど初心者コースから始まります。

初心者コースは小さい幼児がほとんどです・・

その中に入った娘(当時小1)は、「すごく恥ずかしかった」と言います。

確かに一人大きくて目立っていました。

学校でも、同じスイミング教室を習っている子が多くて幼児から習っている子は、もちろん進級も早い。

スイミングは、上手い下手というより、進級制でレベルがわかりやすいので、小学生から始めた娘は遅れている感がありました。

悪気のない男子に「まだ〇級なの?」と言われたこともありました。

幼児期から始めると、自信につながりますね。

➁水泳授業に有利

最近の学校の水泳の授業では、昔と比べ泳ぎ方を教えてくれることが少なくなりました。

学校任せにはできない状況です。

その分、学校では水難事故予防のほうに力を入れてくれています。

https://mominokiblog.com/wp-content/uploads/2021/02/mominokisan-e1625374417482.jpegもみの木

学校では、あまり泳ぎは重視されないの?

学校からは泳ぎの質は高く求められませんが、泳げる子と泳げない子の差は明らかについています。

娘が、「水泳を習っている子と習っていない子との差が激しすぎる!泳げないと恥ずかしい」と言っていました。

娘の学校では、早めから習っている子は、泳げる子のグループに入り、クロールや平泳ぎと泳いでいます。

娘は習い始めるのは遅くて、スイミング教室でクロールヘルパーつきの段階だったので、学校の泳げるグループには入れませんでした。

習っている子と習っていない子の差もあるけど・・

早めから習っている子と小学生から始めた子との差はありますね。

幼児から水泳を習っている子は3年生では平泳ぎができる子が多いです。

平泳ぎまで泳げると、かっこいいですよね。



水泳の授業で、自信をもって活躍できるといいですね。

③運動能力を上げるのに効果的

幼児期からいろいろな運動をするのが運動能力や脳の発達にも効果的と言われています。

大きいプールでの動きは、普段なかなか取り入れられないし、家ではできません。

体力もつくので、喘息もちの息子には早めから習わせたかったんです。

④誘導がしやすい

小学生は、習いたくない!となると、なかなか一筋縄にはいきません・・。

一度苦手意識ができてしまうと、習いたくないと言うパターンがけっこうあります。

幼児の間は、「いや!」となっても、親の誘導である程度動いてくれます。

最初いやがっていてもなんとかのせて習わせることができます。

よっぽどいやがる場合は無理ですが・・

親が水泳を習わせたい場合は早めから動くのがベストです。

まとめ

幼児から習うとメリットたくさん

  • コロナ禍でも土曜日の朝は特に人気なので早めに動いたほうが良い
  • 学校の水泳授業で活躍できる
  • 運動能力や脳の発達にも効果的で体力がつく
  • スイミングの苦手意識がつく前の幼児は誘導しやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA